“Do It Again!” ライレージム京都

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング道場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライレージムへの道 30 「達人を目指して2」

“人間風車”ビル・ロビンソン

この人の指導を受ければ、オリンピックのメダリストであろうが、
プロのトップクラスの選手であろうが、誰もがその技術の凄さに“衝撃”を受けるであろう。

そのロビンソン先生でさえ、ダントツで最強レスラーと断言する
“ビリージョイス”

想像を絶する技術だったに違いない。

興味深い話がある。

ビリージョイスは、始めから何でもすぐにこなせた、天才レスラーではなかったらしい。
むしろ、若い頃は、ビリーライレーによく怒られていたそうだ。

それが、ある時“何か”を掴んだかのように、急激に強くなり始めたということだ。
30歳をゆうに過ぎていたという。

一人で何人も相手に、何十分もスパーリングを続ける。
スパーリングをしても、体には全く力が入っていなく、
相手の力を利用して技をかける。


常に「脱力」だったのだろう。


しかし、ロイ・ウッド先生がポツリとこんなことを言っていたのを覚えている。

「もし、力比べしたとしても、ビリー・ジョイスが一番強かったんじゃないかなぁ…」


さらに、ビル・ロビンソン先生からも、こんな話を聞いたことがある。
「ビリー・ジョイスに思いっ切り掴まれた時は、タコの吸盤に吸いつかれたかのように、絶対に離れなかった。」
joyce.jpg
力があったからこそ、脱力できたのだろうか?
力がなくても、同じことはできるのだろうか?
力が強かったというより力の使い方、出し方か?

どういう感覚だったのだろうか?

試合映像などは残っていないと思われる。
例え、映像が残っていたとしても、見えないものだろう。

見た目の技だけではない、感覚的な“何か”があったことは間違いない。

ビリージョイスさんは2000年に亡くなられた。

おそらく今は、ロイ・ウッド先生、ビル・ロビンソン先生の2人にしかわからないことだと思う。


いくら考えてもわからないことだが、これだけはハッキリしている。

とにかく、ひたすら考え続け、ひたすら練習を繰り返す。

私にもビリー・ジョイスのような達人になれる可能性があるとすれば、
それが唯一の方法だと思う。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/24(月) 14:26:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ライレージムへの道 29 「達人を目指して」

ビリー・ジョイスの達人ならではの秘話は数多くある。

いろいろな所で語られているが、

日本では“プロレスの神様”と呼ばれた
カール・ゴッチを子供扱いにしていたのは有名な話だ。

もちろん現地ウィガンでもカール・ゴッチは優れたレスラー
として記憶されている。

しかし、ビリー・ジョイスがあまりにもズバ抜けて凄すぎる
ということだと思う。
そしてその凄さは、ビリー・ジョイスを知る者にとっては
鮮明に、強烈に、脳裏に、体に染み付いているのだろう。

驚かされたのが、
ウィガンでロイ・ウッド先生をはじめ、
ライレージム出身の方たちから聞いた話は、

30年以上、ウィガンを離れていたビル・ロビンソン先生の話と
完全に一致するのだ。

よくこんなことをしていた などの
ビリー・ジョイスの技術の細部、
さらには特定の試合、スパーリングの
展開、詳細まで。



私は、1993年にウィガンに初めて行って以来、

ビリー・ジョイスのような
「ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング
の達人になたい!」 と思ってきた。

「ビリー・ジョイスさんは、どんな感覚だったんだろう?
この感じは近いかな? いや、これは全然ちがうだろうなぁ...」

などと考えながら練習をしてきた。


いつか、ロイ・ウッド先生、ビル・ロビンソン先生に、
私のスパーリングを見てもらい、

「そう! ビリージョイスのスパーリングと同じだ!」
と言わせたい。


それが、自分が達人になれたかどうかを知る唯一の方法であり、
ライレーの技術が完全な形で継承されていることの証明になり、
先生たちへの恩返しでもある。

“ビリー・ジョイス”
ビリージョイス2
私には一生かかっても到底辿りつけない領域かも知れないが、
それを目標に鍛錬あるのみ。
  1. 2011/01/17(月) 13:48:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

松並 修

Author:松並 修
ライレージム京都 代表

1971(昭和46)年 京都生まれ

1993年から、日本とイギリスを何度か
往復し、ロイ・ウッド氏のもとで、約3年、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・
キャン”レスリングを学ぶ。

1999年からは、ビル・ロビンソン氏の
指導も2年以上受ける。

2007年に京都市山科区に自らの道場を
設立する。

同年4月、道場を訪問したロイ・ウッド氏に
より、まだ名前の無かった道場が、
“Riley Gym Kyoto”と命名される。

伝説のレスラー、ビリーライレーの
正統派 “CATCH-AS-CATCH-CAN”
の継承を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。