“Do It Again!” ライレージム京都

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング道場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライレージムへの道 2 「ウィガン到着」

京都の家を出発してから、合計24時間以上かかり、ようやくマンチェスター空港に到着した。
1993年5月8日のことである。

現在は電車一本で行けるが、当時はバスと電車を乗り継いで、
目的地の“ウィガン”に辿り着いた。

日本で予約しておいたホテルへ向かい、長旅の疲れと時差ボケからその日はとりあえず寝ることにした。

翌日からいよいよ、“ビリーライレージム”、“アスプル・オリンピック・レスリング・クラブ”、
“ロイ・ウッド” 探しの開始。

チェックアウトする前にホテルで尋ねたが、全く情報は得られなかった。

ウィガンの街中へ行った。
日曜日だったので、ほとんどの店は閉まっていて静まりかえっていた。

その日泊まる安いB&Bも探したかったので、イギリスでは、ほとんどの街の中心部には必ずある、
Tourist Information (観光案内所) に行ってみた。

そこで、アスプル・オリンピック・レスリング・クラブの場所を聞いてみたら、電話番号はないので、はっきりとしたことはわからないが、おそらくこの辺りだろうという場所と、そこへの行き方を教えてもらえた。

意外とあっさりとわかった。
どんなことでも、やってみることだ。

この街の様子から、日曜はジムも開いてなさそうだなと思い、その日は
ブラブラ散歩し、初めて見る海外、イギリスを楽しんだ。

とにかく建物一つとっても、見る物すべてが新鮮で、ただ景色を眺めているだけで面白かった。
ブログ用Wigan(1)
B&Bの1階は、パブになっており、日本の居酒屋とは全く雰囲気が違い、
英語もわからず、戸惑ったが、気軽に話しかけてくれる人がたくさんいて、
すぐに安心できた。

次の日こそ、ロイ・ウッドさんに会える。

でも、会ってうまく英語で話す自信がないので、
自分が何者なのか、何しに来たのかを、手紙にしようと、
辞書を片手に深夜まで書いていた。

  1. 2008/07/07(月) 02:44:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ライレージムへの道 3 「アスプル・オリンピック・レスリング・クラブ発見」 | ホーム | ライレージムへの道 1>>

コメント

おもしろいです!
話の展開が楽しみになってきました。
是非、そのときの写真なんかも添付してもらえたら・・・
次回を楽しみにしています。
  1. 2008/07/10(木) 10:02:28 |
  2. URL |
  3. JOE #.J5jKSco
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rileygymkyoto.blog50.fc2.com/tb.php/5-8253a27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

松並 修

Author:松並 修
ライレージム京都 代表

1971(昭和46)年 京都生まれ

1993年から、日本とイギリスを何度か
往復し、ロイ・ウッド氏のもとで、約3年、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・
キャン”レスリングを学ぶ。

1999年からは、ビル・ロビンソン氏の
指導も2年以上受ける。

2007年に京都市山科区に自らの道場を
設立する。

同年4月、道場を訪問したロイ・ウッド氏に
より、まだ名前の無かった道場が、
“Riley Gym Kyoto”と命名される。

伝説のレスラー、ビリーライレーの
正統派 “CATCH-AS-CATCH-CAN”
の継承を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。