“Do It Again!” ライレージム京都

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング道場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライレージムへの道 10 「忘れられない言葉」

言われるがままに、車に乗った。

どうやら、先生の外回りのお供のようだ。

パブを数カ所回った。
パブに置いてあるゲーム機の集金などだ。

もちろん、仕事の手伝いができるわけでもなく、ただ一緒にいるだけである。
傍目から見ると、妙な感じだったと思う。

でも、行く先々で先生は、パブの従業員らに、僕を紹介してくれて、
少し会話を楽しめた。
パブ

またまた昼食をご馳走になった。

ジムの練習生のお父さんが経営するレストランへ行った。

食事の席で、私は
「本気でランカシャーレスリングを習いたいです。
いったん日本に帰りますが、絶対戻ってきます。」
と言った。

これまでの予想外の好展開に、気持ちも高ぶり、
「本気でやるぞ!」 という気になっていた。

店を出て、車に戻り、ちょうど乗り込もうとするところで、
先生は、立ち止まった。

「強い心を持て。何があっても諦めない強い心だ」
と力強く言ってくれた。

心に響いた、忘れられない言葉だった。

ちなみに、私が何故、15年も前のことをハッキリと覚えているかというと...
  1. 2008/11/26(水) 16:14:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ライレージムへの道 11 「ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング教室ノート」 | ホーム | ライレージムへの道 9 「B&Bキャンセル」>>

コメント

Oh boy!

いつもいつもいいところで… (`o´; )/
諦めない芯の強さ備えていたいものです
  1. 2008/11/30(日) 22:13:53 |
  2. URL |
  3. HAZA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rileygymkyoto.blog50.fc2.com/tb.php/73-87b51fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

松並 修

Author:松並 修
ライレージム京都 代表

1971(昭和46)年 京都生まれ

1993年から、日本とイギリスを何度か
往復し、ロイ・ウッド氏のもとで、約3年、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・
キャン”レスリングを学ぶ。

1999年からは、ビル・ロビンソン氏の
指導も2年以上受ける。

2007年に京都市山科区に自らの道場を
設立する。

同年4月、道場を訪問したロイ・ウッド氏に
より、まだ名前の無かった道場が、
“Riley Gym Kyoto”と命名される。

伝説のレスラー、ビリーライレーの
正統派 “CATCH-AS-CATCH-CAN”
の継承を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。