“Do It Again!” ライレージム京都

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング道場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライレージムへの道 15 「伝説の最強レスラー」

ボブ・ロビンソン

“伝説の最強レスラー”ビリー・ジョイスの本名である。

日本ではあまり知られていないが、
プロレスの神様、カール・ゴッチをも子供扱いにし、
対戦したことのあるレスラーなら、誰もが“最強”と認めるレスラーである。

後にウィガンに長期滞在するようになってからも、
ロイ・ウッド先生をはじめ、地元の人たちから聞く、
ライレージムの昔話といえば、ビリージョイスの凄さばかりである。

ライレージムを離れた後、世界中を旅して、
数々の世界の強豪たちと戦ってきたビル・ロビンソン先生も、

最強のレスラーは? との問いには、
“ビリー・ジョイス” と即答する。

ビリージョイスと

ロイ・ウッド家の近くに、伝説の最強レスラーは住んでいた。

たしかこの時は70歳を過ぎたくらいだったと思う。

紹介してもらったが、何を話したか覚えていないし、
当時の私の英語力ではたいした会話はできなかった。

ダランとビリー・ジョイスさんが普通に世間話をしていただけだった。

伝説に触れることができたことに、ただ感動した。

これが、この旅の最終日だった。

たった2週間。
しかし間違いなく、その後の私の人生の方向を決めた2週間だった。

人生観、人生の仕事、考え方、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリングの追求、
英語の勉強、絶対に諦めない強い心を持つこと、
やればできるということ

すべてこの2週間で得たことである。
  1. 2009/03/09(月) 00:46:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ライレージムへの道 16 「再渡英」 | ホーム | ライレージムへの道 14 「蛇の穴」>>

コメント

Your story affected my heart deeply !

読めてよかった…
得をしました。   ヨッシャー!
  1. 2009/03/10(火) 00:16:14 |
  2. URL |
  3. HAZA-MAN #-
  4. [ 編集]

いつも楽しみにしてます!

その松並さんの考え方は自分の教科書です!
  1. 2009/03/22(日) 03:56:52 |
  2. URL |
  3. ハマムラ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rileygymkyoto.blog50.fc2.com/tb.php/78-a4d40ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

松並 修

Author:松並 修
ライレージム京都 代表

1971(昭和46)年 京都生まれ

1993年から、日本とイギリスを何度か
往復し、ロイ・ウッド氏のもとで、約3年、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・
キャン”レスリングを学ぶ。

1999年からは、ビル・ロビンソン氏の
指導も2年以上受ける。

2007年に京都市山科区に自らの道場を
設立する。

同年4月、道場を訪問したロイ・ウッド氏に
より、まだ名前の無かった道場が、
“Riley Gym Kyoto”と命名される。

伝説のレスラー、ビリーライレーの
正統派 “CATCH-AS-CATCH-CAN”
の継承を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。