“Do It Again!” ライレージム京都

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング道場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライレージムへの道 16 「再渡英」

夢のような2週間が終わり、日本に帰ってきた。
 
興奮は冷めず、友達にイギリスで起こったことを話しまくった。


“絶対にまた行く”

まずはアルバイトでお金を貯めることに集中した。

レスリングなどの練習時間は、あまりなかったが、
空いている時間に出来る限りのことはやった。

日本にいる間も、ロイ・ウッド先生と手紙で連絡を取っていた。

「11月後半から半年間滞在します。」
と連絡すると、


「泊まる所を用意した。空港まで迎えに行くので、
 飛行機の時間を知らせてくれ。」

という返事をもらった。
手紙1
1993年11月23日 
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリングの本格的修行が始まる。

  1. 2009/03/28(土) 00:32:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライレージムへの道 17 「入国審査」 | ホーム | ライレージムへの道 15 「伝説の最強レスラー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rileygymkyoto.blog50.fc2.com/tb.php/79-6e76f987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

松並 修

Author:松並 修
ライレージム京都 代表

1971(昭和46)年 京都生まれ

1993年から、日本とイギリスを何度か
往復し、ロイ・ウッド氏のもとで、約3年、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・
キャン”レスリングを学ぶ。

1999年からは、ビル・ロビンソン氏の
指導も2年以上受ける。

2007年に京都市山科区に自らの道場を
設立する。

同年4月、道場を訪問したロイ・ウッド氏に
より、まだ名前の無かった道場が、
“Riley Gym Kyoto”と命名される。

伝説のレスラー、ビリーライレーの
正統派 “CATCH-AS-CATCH-CAN”
の継承を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。