FC2ブログ

“Do It Again!” ライレージム京都

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング道場です。

ライレージムへの道 17 「入国審査」

半年前に来た時と同じ行き方で来た。

まだ関西空港がなかったので、
大阪伊丹空港より出発し、シンガポールで乗り換え、
マンチェスター空港に到着した。

飛行機を降り、通路を歩きながら、

半年間のイギリスでの生活、
これまでの私の人生で最大の経験が待っているのだと思うと、
気分は最高潮に達していた。

しかし―
そんな気分も、ものの数分後、絶望感に変えられた。


入国審査で、入国目的を尋ねられ、

「半年間ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリングを習うために来ました。」
と正直に答えてしまった。

帰りの飛行機も決まってない。所持金もたいしてない。

その後、何十分間も尋問を受け、入れてもらえなかった。

当時は英語をほとんど話せず、どうすることもできなかった。
入れてもらえる気配が全くない。


「もうアカン... 帰らされる。」 と諦めモードになってきた。
  1. 2009/04/29(水) 02:33:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライレージムへの道 18 「お迎え」 | ホーム | ライレージムへの道 16 「再渡英」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rileygymkyoto.blog50.fc2.com/tb.php/80-82492fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

松並 修

Author:松並 修
ライレージム京都 代表

1971(昭和46)年 京都生まれ

1993年から、日本とイギリスを何度か
往復し、ロイ・ウッド氏のもとで、約3年、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・
キャン”レスリングを学ぶ。

1999年からは、ビル・ロビンソン氏の
指導も2年以上受ける。

2007年に京都市山科区に自らの道場を
設立する。

同年4月、道場を訪問したロイ・ウッド氏に
より、まだ名前の無かった道場が、
“Riley Gym Kyoto”と命名される。

伝説のレスラー、ビリーライレーの
正統派 “CATCH-AS-CATCH-CAN”
の継承を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード