“Do It Again!” ライレージム京都

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング道場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライレージムへの道 25 「ロイ・ウッドという人 2」

ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”レスリング に適した体とは?
減量というより、自分の体を自由自在に動かせるのに最高の体を作るということだと理解した。

休むことなく、動き続けるトレーニング、スパーリングで80kg以上あった体重も、
すぐに70kgを切った。

練習時間自体はそれほど長くはなかったが、とにかく最初から最後まで
息をあげっぱなしの練習だった。

スパーリングも、何分やるのか、いつ終わるのかもわからない。

10分、20分、時には30分も休みなしで、先生が「止め」というまで延々と続く。

「あと1分」と言っておきながら、訪問者が来て話始めて、5分以上ほったらかしで、
マットに目を戻し、再び「あと1分」と言われるようなことも多々あった。

とにかく、先生のさじ加減一つで、本当に終わるまでわからない。

「よし今日はこれまで!」と言っても、

何かを思い出し「あっ、ちょっと待て」と引き留め、
「この技はこうだ」と熱血指導が再び始まる。

そしてまた何度も何度もその技の練習をさせられる。

legsplit.jpg

先生の「あと○○分、今日はこれで終わり。」ほど信用できないものはなかった。

自分で残り時間を計算してペース配分できず、
その場その場で、柔軟に上手く対応しなければならない。

しかし今思えば、こういったこともまさに、
“キャッチ・アズ・キャッチ・キャン”スタイルである。
  1. 2010/02/21(日) 19:19:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライレージムへの道 26 「伝説の最強レスラー 2」 | ホーム | ライレージムへの道 24 「No problem??」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rileygymkyoto.blog50.fc2.com/tb.php/88-d143be74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

松並 修

Author:松並 修
ライレージム京都 代表

1971(昭和46)年 京都生まれ

1993年から、日本とイギリスを何度か
往復し、ロイ・ウッド氏のもとで、約3年、
ランカシャー“キャッチ・アズ・キャッチ・
キャン”レスリングを学ぶ。

1999年からは、ビル・ロビンソン氏の
指導も2年以上受ける。

2007年に京都市山科区に自らの道場を
設立する。

同年4月、道場を訪問したロイ・ウッド氏に
より、まだ名前の無かった道場が、
“Riley Gym Kyoto”と命名される。

伝説のレスラー、ビリーライレーの
正統派 “CATCH-AS-CATCH-CAN”
の継承を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。